ホーム>施工事例

施工事例

大分市やすらぎ霊園芝生墓石完成

白御影石G-603ソウブ

桜御影石G-663

納骨型芝生墓石 優しい色合いを好まれたので、2種類の石を使用。

小さいけれど、すべてステンレスのピンをアンカーに横揺れ防止対策をしています。

20171224174555.jpg20171224174625.jpg

大分市やすらぎ霊園芝生墓地

芝生墓地に、親子仲良く並んで建立。

インド産ニューインペリアルレッドに桜御影石

「笑顔ありがとう」と施主様の希望で彫りました。

フィンランド産御影石に苗字を彫りました。

2017916152432.JPG2017916152517.JPG

大分市立碩田中学校閉校記念碑

本体 インド産黒御影石

校章 白御影石

台座 白御影石

2017916151548.JPG2017916151649.JPG

大分市やすらぎ霊園芝生墓地完成

芝生墓地に素敵なお墓が完成しました。

新緑の芝生によくマッチし、施主様の想いの言葉を刻み、花筒には、

大好きなひまわりを彫りました。

石種は、フィンランド産赤御影石

201777154416.JPG

歴史のある、先祖代々のお墓の修復石工事

石塀が基礎コンクリートごと、折れてました。一度解体して基礎コン打設後、組直し。

201762794.JPG

 

大分市丸山墓地供養塔除幕式

5月16日、佐藤樹一郎大分市長はじめ、寄贈された施主様と関係者方で、お寺様の読経の後除幕式がおこなわれました。

施主様の「日本人の墓は、日本で造れ」との思いでこれまでお墓は、自社加工で造らせていただきましたが、今回は、中国で加工して

細部は、施主様と打ち合わせしながら加工を自社ですることになりました。ご迷惑をかけながらの加工と施工。

無事に終わりホッとしています。

佐藤市長のお話に、引き取り手のない仏様が、年々増加していること。ここが、一つのお墓として供養できればと思います。

関係各位に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

                                                                合掌

201751974433.JPG201751974510.JPG201751974540.JPG20175197468.JPG

 

 

お墓の背面納骨を正面からの観音扉に

墓石はそのまま解体せずに、正面の石をきれいに撤去し、撤去した石で観音扉を加工しました。

このお墓の石種は、韓国産です。中国に原石は送られているようですが値段が高いためにわが社で、

撤去した石で加工すること提案しました。お客様にも喜んでいただき感謝感激。

お参りもしやすくなったようです。

201741219416.jpgのサムネイル画像201741219263.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本大分地震から一年 免震加工墓石

地震対策として、免震加工の工法がいろいろあります。

墓石本体には、アンカーや免震装置を付加しますが、昨年の地震で基礎コンクリートに基礎石を据え付けると

墓石の基礎石ごと横にずれているお墓が、多く見られました。基礎コンクリートと基礎石の固定が必要です。

まわりに貼り石を施工するだけでもお墓は、動いてませんでした。納骨室もモルタルで基礎石の半分は埋めて仕上げると

良いですね。

20174121981.JPG

大分市新河内トンネル

大分市戸次臼杵線にトンネル工事。黒御影石に金箔文字

戸次方面は、戸次小学校の児童が書き、臼杵方面は、吉野小学校の児童が書きました。

後世に残ることは、人生の証ですね。

黒御影石3600*700「新河内トンネル」

20161187445.jpg20161187514.jpg

 

 

 

大分市立佐賀関中学校70周年記念碑

おめでとうございます。70周年記念式典が本日開催されました。

記念碑を制作、施工については、桜の木を枯らさないようにとのこと。セメントは使用しない工法で建立。

201611616448.jpg

201611616527.jpg

 

ページの先頭へ